蓮見あすか ランキング!

谷まりあ

毎月23日発売のファッション誌「ViVi(ヴィヴィ)」の公式YouTubeチャンネルです。ViVi公式チャンネルだけでしか見られない、ViViモデルの ...

不動産投資情報【新しい金融「クラウドファンディング」とは?】

不動産投資大百科を無料でプレゼントしています。 ↓↓↓↓ http://mnsm.jp/youtube.html 【不動産投資について】書いています。 無料で ...

野球ランキング
ここを友達に教える
アイドル画像ランク

蓮見あすか ランキング!

蓮見あすか クラウドファンディングで夢をかなえる本

この本を読めば、クラファンのことが良く分かります。言葉を聞いたことのない人は、まずは読んで欲しいです。 クラウドファンディングで夢をかなえる本 関連情報

蓮見あすか

初期設定の言語選択で、英語中国語しか選べず、買ったのが間違いだったかと思ったのですが、Google日本語入力をインストールしたら、日本語や日本語の物理キーボードを選べるようになりました。PCでは動作の軽いStationTVがインストールはできたものの動かなかったので、半ば諦めつつインストールしたMLPlayerDTVが軽快に動いてnasneにアクセス出来、ライブチューナーも見れました。2chMateと画面を分けて、いわゆる「実況」が、一つの液晶画面でできました。amazonプライムビデオもスムーズに再生されました。HDMLに加えてUSBコードをつなぐことで、Gechic モバイルモニター On-Lap 1303Iのタッチパネルも機能し、ふつうのAndroidタブレットのように使えました。1080Pの液晶に720Pでつなぐことになる(画面全体に誤差拡散されます)のが残念ですが、DLNA対応のアプリが動くことで、スマートテレビの要件は備えています。(タッチパネル機能がないふつうのテレビにつないでも、Microsoft all-in-one media keyboardのようなタッチパッド付きキーボードを使えば、問題ありません)Google日本語入力は、PCでのユーザー辞書をインポートすると、遜色なく使えるようになります。発展途上ではありますが、セットトップボックスとしての最小限の「実用性」はあると思います。追伸、settinng→表示→解像度→1920*1080 60Hzで、デフォルトの720PからフルHDに変更できました。求めていたものが、ほぼすべて実現できたので、評価を4から5に変更します。 関連情報

蓮見あすか サンタ・マリアの御像はどこ?―プチジャン司教の生涯 (パウロ文庫)

  「日本の故郷を探る」気分で津和野を訪ねた昔、ロマンティックな名前に惹かれて乙女峠に登ったら、そこにあるマリア聖堂が「隠れキリシタン」殉教者を祀ると知って凍りついた思いがある。しかも迫害は明治になってからのことだったと知ったときの驚き。津和野カソリック教会のホームページには114名のキリシタンがこの地に連行され、32名が亡くなったとある。 日本史の教科書には、開港後、長崎に天主堂を建てていた神父のもとに3名の女性が現れ、自分たちは二百数十年間、キリスト教信仰を守ってきたと告白されて仰天した史実は書かれている(書名はその女性等が神父に尋ねたという言葉を採ったものである)。「隠れキリシタン」の発見だ。だがその後時代錯誤の「神国日本」樹立を期す明治政府によって、長崎各地の3,500名以上の宗徒が捕らえられ、拷問によって棄教を迫られ、果ては各地に流罪にされたという事実は余り書かれない。「文明開化」の暗黒面だからだろう。 本書はそのフランス生まれの司教、ベルナール・ダディ・プチジャン師の生涯を描く。日本における隠れキリシタンの発見と擁護の生き証人である。元ネタは参考文献にもある、パリ外国宣教会の記録やプチジャン司教の書簡集によるものと思われる。神父はローマ教皇を始め全ヨーロッパの人々にこの非道を訴え、折しも欧州を歴訪中の遣欧使節団は各地で非難を浴びせられたという。駐日外交官たちも強い圧力をかけて、日本政府を改心させた。小冊だからその成り行きはあらすじになってしまっているが、司教の全生命を懸けた奮闘振りが良くうかがえ、クリスチャンならずとも感動する。 残念なのは年月日の記述が所々で間違っていること。読んでいて話が錯誤して混乱してしまうのだから致命的だ。いくつか指摘する。 140頁 浦上谷のキリシタン捕縛(浦上四番崩れ)は「一八六八(明治元年)七月十四日」は1867年の間違い 157頁 「十月に……大政奉還をして」とあるが、その2行前では一八六八年のことが書かれており同年かと間違う。大政奉還は1867年11月9日であるから、十月も誤り 157頁 「五月に改めて全国に掲げられた高札」は「五榜の掲示」のことと読めるが、掲示が掲げられたのは1868年4月7日で「五月」ではない そのほかに、添削時の「切り貼り」ミスか意味不明の個所もある。こういくつも間違いがあると、他の個所も信用できなくなってしまう。文庫本とは思えないほど値段の高い本なのだから、著者のみならず編集者も緊張して欲しい。 秀吉-家光時代のキリシタンたちの信仰の深さは遠藤周作等の小説によってよく知られているが、短い期間に教えられただけの西洋の宗教を、鎖国日本で、社会の底辺に位置づけられた農民が、孤立しながらも、何代にも亘って守り伝えてきた宗教は「奇跡」と呼ぶしかない。しかも祈祷の文言や洗礼の儀式など、プチジャンから見て概ね正しかったというから驚く。維新前年に至って「四番崩れ」で捕縛された信者が、「わたしどもは天下様(幕府の将軍)の臣下でございますれば、何事もお代官たちに従います。けれども[葬式に]坊さんを呼ぶことだけは出来ません。わたしどもの道に反するからでございます」といったと言うが、「皇帝のものは皇帝へ、神のものは神へ」(マタイ福音書) というキリスト教の真髄を、世界から閉ざされていながら実に良く理解していたものだと驚嘆するばかりである。信者たちは抵抗もせず蕭々として縛についた。対して「島原の乱」の再来を恐れていたという新政府の要人たちの小心ぶりが哀れである。「勤王の志士」たちはこれ程までに農民統治に自信がなかったのだろうか。 上記津和野における信者たちへの拷問の様子もある。複数の男子が氷の張った池に投げ込まれたり、ツルという22歳の女性は一週間も食を絶たれたり、連日腰巻き一つで厳冬の野外に据えられ、大雪の日には首まで雪に埋まったとかと、信者が付けた「覚え書き」に記録されているという。そのツルは1873年3月に出された「キリシタン禁制撤廃」令によって帰郷した後、孤児の養育等の奉仕に一生を捧げたという。 被迫害者たちには、信仰の強さだけでは済まされない、何か心の芯まで貫く一本の棒のようなものがあったと感ぜざるを得ない。孤立を守った先祖たちへの忠義心、同じ苦しみに耐えている仲間たちへの道義心だったかも知れない。とにかくいまの日本人が決定的に失った何かを持っていたことを恐ろしくもうらやましくも感じるのである。    サンタ・マリアの御像はどこ?―プチジャン司教の生涯 (パウロ文庫) 関連情報

蓮見あすか 銀の谷のマリア

銀の谷のマリア は、松本先生の初期の作品です。先生が、一番好きな作品です。---と記載されてるのを、最近読んで購入しました。スケールの大きな作品で記憶に残る作品でした。 銀の谷のマリア 関連情報

蓮見あすか 劇場版 ムーミン谷の彗星 パペット・アニメーション 通常版 [DVD]

ムーミンの持ち味とフェルトのキャラクターがぴったり合っています。背景の色使いも、日本とすこしちがっていて楽しめます。ストーリーは、ゆるやかに進み、現代の子ども達の反応を確かめたいとも思いました。登場人物のキャラクターも、描き分けられています。日本語の声優さんたち、そして、ナレーションの白鳥さんもとても合っていて作品の世界に自然に入っていくことができます。中でも、スナフキンの声優さんの優しい声と話し方がとても素敵で耳に残りました。他人との距離をとるスナフキンの生き方ですが、それもわかるかなと、何となく受け入れやすくすうっと入ってきました。 劇場版 ムーミン谷の彗星 パペット・アニメーション 通常版 [DVD] 関連情報


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|野球|サッカー]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
iPhoneランキング