ワイキューブ ランキング!

ロッキー (字幕版)

ロッキー・バルボアは、フィラデルフィアの三流ボク

Endless Praise | Planetshakers

Un peu d'asmr pour des songes sans fin.

遙かなる時空を越えて(event)

mnr48⇒みのり 20代前半の主婦です^^ 推し→宮澤佐江 AKB関連の物を集めるのをやめました! 今は写真同士のトレは行っておりません ...

ワイキューブ代表 安田佳生の新刊 『ぐっとくる?』が発売!

他社の会議風景を覗けるサイト「中小企業の会議室」 http://www.y-cube.tv/

ギャルランキング
ここを友達に教える
ゲーム動画ランキング

ワイキューブ ランキング!

ワイキューブ 私、社長ではなくなりました。 ― ワイキューブとの7435日

 社長の失敗本は、かなり好きです。成功と同じくらい失敗から学ぶことは多い。この著書は、ワイキューブという一時話題になっていた会社の倒産劇(正確には民事再生法の適用)を当時の社長が綴った内容です。 ワイキューブさんは、社内にワインセラーがあったり、バーがあったり、セレクトショップをつくったりと、変わったことを次々とおこなって、メディアにも露出しまくっていたユニークな企業でした。外から見て華やかだった企業が、実態としてはどうだったのかが、かなり正直に書かれていて面白く読ませて頂きました。とはいえ、おそらくこの著書を読んだ人の多くが、「こんな経営をしていたら潰れるのがあたりまえだ!」と言うでしょう。 将来の起業ネタとして参考になるかどうかと言われれば、参考にならないという意見が多いことも予想されます。しかし、この著者は、正直すぎるのです。自分の会社の問題だった点を、惜しげも無く晒しまくっています。むしろ20年以上も倒産しないで、継続していた理由が覆い隠されているくらいに・・・。 そう、ワイキューブという会社は、20年以上も経営を続けていたのです。「開業後3年で半分ぐらいの企業が廃業・倒産する」、「5年後には3割しか残っていない」、「10年後には1割」と言われる世界で、20年以上、会社を存続させたのはそれだけで脅威です。 おそらく、この著書を読んで、こんな乱雑な経営をしていたら潰れるのが当たり前だと批判している読者の9割以上は、自分で会社を経営したら、20年も存続させることは不可能です。断言できます。この著書を読んで僕達が考えなくてはいけないのは、ワイキューブが民事再生に至った経緯と並び、20年も継続し続けることができた理由です。たくさん借入ができるだけでは、これだけの長期間、決して会社は継続できません。運がよかったというだけでも無理。 経営者には、堅実な経営者と、思い切った経営者がそれぞれいると思いますが、現実に、堅実な経営をしている会社は、なかなか大きくはなりません。大成功を収めた企業の多くは、かなりのレバレッジをかけて勝負に挑みます。実際には、大勝負に出た企業の多くは、倒産します。しかし、その中で生き残った企業が大勝するのです。 大勝負にでて9割が倒産して、1割が生き残ったとしたら、9割の経営者は、無能扱いです。一方で、1割は英雄になります。堅実で地味な経営のまま6割の確率で生き残る会社とどちらのほうがクールなのかは、確実な答えはありません。勝負に負けた人の語った哲学は、受け入れられない哲学になりますが、勝者が語った哲学は、大衆に受け入れられます。例え内容がどれだけ常識はずれであっても・・・。スティーブ・ジョブズのように。 地味な勝率6割の経営者を進んでいる僕は、英雄になることはありません。名刺を交換して社員の人数を聞かれても「ふーん」という反応しか返ってくることはありません。そんな自分ですが、一般社会への適応が苦手な著者の気持ちは分かります。社員のために尽くしたかったという彼の気持ちも共感できるものがあります。自分の意思で選んでいる人生ですが、こういった著書を読むたびにしみじみと感じ入るところがありますね。 私、社長ではなくなりました。 ― ワイキューブとの7435日 関連情報

ワイキューブ 自分を磨く働き方

私は2年前に起業しました。この書籍を読んで、私と著者の価値観や考えがだいたい一緒でした。だから私は起業したのでしょう。この書籍は、「会社を辞める」という選択肢を読者に提示します。ただ「会社員思考」の方がこの書籍を読んでも、実際に「会社を辞める」という行動に出る人はかなり少数派でしょう。「元々有しており、自分で辿りついた価値観」と「書籍を読んでとってつけた価値観」には大きな違いがあります。ただ、起業するなどしている方にとっては、読んでいて共感できる部分も多く、ほっとする書籍であると思います。だって、周りにこの書籍に書いてあるような価値観を共有できる人間はなかなかいませんからね。 自分を磨く働き方 関連情報

ワイキューブ 新機動戦記ガンダムW ENDLESS DUEL

Wガンダムにでてくる数々のメンバーを使ってバトルをくりひろげる格ゲーです。Wファンにとっては最高!隠しMSとしてエピオンが使えます。 新機動戦記ガンダムW ENDLESS DUEL 関連情報

ワイキューブ 私、社長ではなくなりました。 ワイキューブとの7435日

 社長の失敗本は、かなり好きです。成功と同じくらい失敗から学ぶことは多い。この著書は、ワイキューブという一時話題になっていた会社の倒産劇(正確には民事再生法の適用)を当時の社長が綴った内容です。 ワイキューブさんは、社内にワインセラーがあったり、バーがあったり、セレクトショップをつくったりと、変わったことを次々とおこなって、メディアにも露出しまくっていたユニークな企業でした。外から見て華やかだった企業が、実態としてはどうだったのかが、かなり正直に書かれていて面白く読ませて頂きました。とはいえ、おそらくこの著書を読んだ人の多くが、「こんな経営をしていたら潰れるのがあたりまえだ!」と言うでしょう。 将来の起業ネタとして参考になるかどうかと言われれば、参考にならないという意見が多いことも予想されます。しかし、この著者は、正直すぎるのです。自分の会社の問題だった点を、惜しげも無く晒しまくっています。むしろ20年以上も倒産しないで、継続していた理由が覆い隠されているくらいに・・・。 そう、ワイキューブという会社は、20年以上も経営を続けていたのです。「開業後3年で半分ぐらいの企業が廃業・倒産する」、「5年後には3割しか残っていない」、「10年後には1割」と言われる世界で、20年以上、会社を存続させたのはそれだけで脅威です。 おそらく、この著書を読んで、こんな乱雑な経営をしていたら潰れるのが当たり前だと批判している読者の9割以上は、自分で会社を経営したら、20年も存続させることは不可能です。断言できます。この著書を読んで僕達が考えなくてはいけないのは、ワイキューブが民事再生に至った経緯と並び、20年も継続し続けることができた理由です。たくさん借入ができるだけでは、これだけの長期間、決して会社は継続できません。運がよかったというだけでも無理。 経営者には、堅実な経営者と、思い切った経営者がそれぞれいると思いますが、現実に、堅実な経営をしている会社は、なかなか大きくはなりません。大成功を収めた企業の多くは、かなりのレバレッジをかけて勝負に挑みます。実際には、大勝負に出た企業の多くは、倒産します。しかし、その中で生き残った企業が大勝するのです。 大勝負にでて9割が倒産して、1割が生き残ったとしたら、9割の経営者は、無能扱いです。一方で、1割は英雄になります。堅実で地味な経営のまま6割の確率で生き残る会社とどちらのほうがクールなのかは、確実な答えはありません。勝負に負けた人の語った哲学は、受け入れられない哲学になりますが、勝者が語った哲学は、大衆に受け入れられます。例え内容がどれだけ常識はずれであっても・・・。スティーブ・ジョブズのように。 地味な勝率6割の経営者を進んでいる僕は、英雄になることはありません。名刺を交換して社員の人数を聞かれても「ふーん」という反応しか返ってくることはありません。そんな自分ですが、一般社会への適応が苦手な著者の気持ちは分かります。社員のために尽くしたかったという彼の気持ちも共感できるものがあります。自分の意思で選んでいる人生ですが、こういった著書を読むたびにしみじみと感じ入るところがありますね。 私、社長ではなくなりました。 ワイキューブとの7435日 関連情報

ワイキューブ [ネイティブ] native Apollo chukka

デザイン、質感、色、とってもかっこいいです。ネイティブは、4足目ですが、このデザインはネイティブのわりに正しいサイズ感というか、大きめが当たり前だと思っていたネイティブのイメージが当てはまらなく、いつものサイズだと小さく感じます。大き目を買うことをおすすめします。私は実寸25.5センチで、今までは26センチのネイティブを買って、ぶかぶかな感じで履いていますが、今回は26センチを買って、ピッタリサイズでした。ピッタリも、いいですね [ネイティブ] native Apollo chukka 関連情報


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|野球|サッカー]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
iPhoneランキング