サッカーランキング
ここを友達に教える
洋楽ランキング

森木俊介 ランキング!

森木俊介 Dying to Be Me: My Journey from Cancer, to Near Death, to True Healing

本書は『喜びから人生を生きる!』の原書です。ところで「現実」は私たちの意識が投影されたもの、というアイディアは、これまでも『バシャール』や引き寄せ系、あるいはアドヴァイタなどの本に書かれています。しかしいくら分かりやすく解説されてそのときは納得しても、日々の様々な苦難に直面すると、「意識の投影」のことなどすっかり忘れて、いつものように四苦八苦しながら毎日を送ってしまいがちです。あるいはポジティブな意識で生活してみても、なかなかポジティブな現実が創造されず、結局「意識の投影」を信じきれずに元の意識に戻ってしまいます。これまで慣れ親しんできた意識の状態を変えるという事は、まことに難しいことです。しかし本書の著者アニータさんの体験を読むと、意識の投影が現実を創っているというアイディアを強く信じることができるかもしれません。それは著者アニータさん自身が悪性リンパ腫のステージ4になり、臨死体験でワンネス意識を経験することで、意識の投影について悟り、その結果、臨死体験後ひと月ほどで全ての腫瘍が消えてしまったからです。これまでの類書と異なるのは、その実証性です。悪性リンパ腫が消えた医学的データも、本書に掲載されています。私たちの意識が現実を創造しているというアイディアの証拠を求めていた方には、本書は最適だと思います。信じることで、そして自分自身を愛で満たすことによってあなたの現実も変わっていくことでしょう。そしてそれが確信に変わっていくと思います。本書を読まれることで、全ての方の人生が恐れのない、そして愛で満たされた人生でありますように。 Dying to Be Me: My Journey from Cancer, to Near Death, to True Healing 関連情報

森木俊介 Roger & Me [DVD] [Import]

「ボウリング・フォー・コロンバイン」でアカデミー賞ドキュメンタリー部門を受賞したマイケル・ムーア監督のデビュー作、「ロジャー&ミー」は氏の生まれ故郷・ミシガン州フリントのGM社が地元工場を閉鎖し、労働者3万8千人を解雇したことから始まる地域コミュニティ崩壊の悲劇と、企業人たちのダーティさを見事に描いています。工場の閉鎖で貧困に陥ったフリント住民は、次々と住居からの退去を命じられる。そして住民を実際に退去させる保安官代理人もまた、貧困スレスレの哀れな労働者であり、企業の株主、CEOが直接悲劇を目の当たりにすることはない。ムーア監督はGMのロジャー・スミスCEOに地元の悲劇を直視するよう訴えるため、同社の株主総会に突撃するが・・・というのが主なストーリー。事実を淡々と伝える従来のドキュメンタリー手法と違い、「告発」というスタイルを貫くムーアの作家としての個性はこの作品からすでに濃厚。しかし後の作品にある「社会矛盾を笑い飛ばす」ようなユーモアはまだあまり加味されてません。「ダウンサイズ」の名のもとに、米企業が次々と発展途上国へ製造工場を移転し、国内労働者の雇用を悪化させ貧困を増大させていく現実をまざまざと見せられ、観るものを絶望的な気分にさせます。「企業が最高益を出した年に最大の労働者解雇をするのは一体何のためなのか?」と憤るムーアは、失われつつある米国市民の良心を体現していて、新時代の市民政治の流れを予感させます。「ロジャー&ミー」は現代米国を考える上で重要な作品のひとつだと思います。願わくば、本作の字幕版が登場することを期待します。 Roger & Me [DVD] [Import] 関連情報

森木俊介

著者の文章力で、完治してからのスピリチャルな気づきは素晴らしいと思います。でも、もしあなたがガン患者で、そういう情報を探している場合、勘違いしていけないのは、すべては完治してからの意識と行動の変化であること。スピリチャル気づきが、完治を促したのでは決して、決してありません!!そのあたりを分かっていて購入するならば、いいと思います。 関連情報

森木俊介 喜びから人生を生きる! ―臨死体験が教えてくれたこと

ガン末期の方で劇的な改善を見せる方は必ず人格や価値観の大きな変貌を遂げた方たちです。この本はガンの方だけでなく一般の多くの方に読んで頂きたい素晴らしい内容です。人間とは何かという本質に対する深い洞察があります。医療関係者の方にも是非読んで頂きたい。 喜びから人生を生きる! ―臨死体験が教えてくれたこと 関連情報

森木俊介 Anita Sings the Most

ヴァーヴレコードで見事に復活したアニタの最高傑作と呼んでいいアルバム。白人女性ボーカリストの先駆者としてあとに続く多くのボーカリストに影響を与えている。小粋でオシャレ、ハスキーなヴォーカルはまさにアネゴ的余裕を感じさせ、オスカー・ピーターソン・トリオのバッキングがそれを好サポート、名手の面目躍如。「ス・ワンダフル〜」では見事なまでのアップテンポで歌い出し、オスカー・ピーターソン負けじとソロをとる、途中でテンポの違う他曲を挟む構成はまさに圧巻。急テンポで歌い切る「ゼム・ゼア・アイズ」ではスキャットを交えて、続くハ−ブ・エリスが見事なアドリブを披露、ここまでオシャレに歌えるのは彼女だけだろう。 Anita Sings the Most 関連情報


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|野球|サッカー]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
アイドル画像ランク